古山書店

社会科学・囲碁・小説を扱うネット書店です。
私の略歴

私は、若い頃共産党の活動家でした。両親も共産党員で父親は地区の幹部でした。
私の潤という名前は、戦前の不屈の唯物論哲学者、戸坂潤の名前から父親が付けた名前です。
両親は私を子供の頃から運動に動員しました。夕食の時、戦前の共産党の不屈の戦いの話を何度も聞かされました。私は、その話を聞かされる度に共産党は凄いと思いました。
殺されても権力に屈服しなかった共産党は、本当に私にとって現実のヒーローでした。
そして、東京の大学に入学し、18歳で広島から上京して大学生の時、入党しました。
当時は、入りたいと言ってもすぐには入党させてくれませんでした。当時はまだ党員候補制度というものがあり、六か月様子を見てふさわしいということになれば、入党が許可されました。私の入党が許可されたのは、1979年の11月でした。1979年の総選挙で、共産党は41議席と史上最大の勢力となり、これで日本は変わると誰もが思い、皆喜びに沸いていました。しかし、当時の自民党は、40日抗争と言われる大混乱となり、もはや誰もが、自民党は終わったと思いました。そして、1980年、衆議院で大平内閣(当時の首相は大平政芳)不信任案が可決されたのです。そして、史上初めての衆参同時選挙が行われることとなったのです。私の心はこの激動に熱く震えました。「これが革命だ。」そう信じて疑いませんでした。そして、学業そっちのけで、選挙活動に飛びまわりました。ところが海援隊の歌にもあるように、時代はいつでも逆巻く流れ、この選挙中に大平首相が急死したのです。選挙戦の空気はいっぺんに変わりました。自民党は徹底した同情票集め作戦に回りました。共産党への風当たりは追い風が逆風へと180度変わりました。そして、自民党は衆議院で300議席を超える議席を得ました。共産党は議席を減らし、後退しました。
私は、選挙活動の疲れから、投票日の翌日、候補者の後ろで旗を持ったまま倒れてしまいました。この時の選挙を私は今でも忘れません。日本が大きく揺れた日々でした。
この後私は、通っていた大学で党活動を行いました。しかし、共産党は、国会内でも孤軍奮闘、裏切って公明党と社公合意を結んだ社会党は、完全に国民を裏切り、革新政権に背を向けました。そして、「共産党を除く」といった国会運営が常識となり、どの大国にもハッキリとものを言うという自主独立路線をマスコミは、自主孤立路線と揶揄しました。ここから共産党の本当の苦難の歴史が始まるのです。
そして今、共産党を除くどころか共産党なしではもう政治は語れません。日本で一番古く歴史のある党が、日本で一番新しい未来を示しています。社会主義共産主義とは、ソ連や中国などではなく、ましてや北朝鮮などでもなく、自由で平等な共同社会です。しかし、具体的にどのような社会かは、今の段階では解らないのです。だが、レーニンが晩年に到達したように、それは、市場経済の向こう側にあります。レーニンは、市場経済を敵視するのではなく、市場経済を社会主義建設に利用しようと考えました。それが、ネップ政策だったのです。レーニンは、「我々はよき商人になろう」と呼びかけました。しかし、それを理解するものは、当時のソ連共産党内には存在しませんでした。「私は軍人だ」と言って、相手にもしませんでした。レーニン亡き後、スターリンは、この道を完全に踏み潰し、大国主義・覇権主義の本性を露わにし、ソビエト社会主義は完全に変質し、その後凋落、崩壊へと進むのです。
そして、今年にも予想される総選挙、野党の共闘が実現し、共産党の入閣が現実のものとなるかもしれないというところまで来ています。一度共産党に政権を握らせてみたい。そう願う有権者も多くいます。私もこういう時代に自分に出来ることはと、ネット書店を始めることにしました。経済学・哲学・そして幅広く小説や私の趣味の囲碁の本まで扱うこととしました。共産党の書籍は、一般の書店に並ぶことは殆どありません。多くの日本国民が、日本共産党の主張に触れることは少ないのです。だからこうしてホームページを立ち上げました。多くの方が日本共産党の考えを知って頂きたいと思います。是非ここで紹介している書籍を読んでみてください。この国の未来のため、そして、人類の未来のため、戦争も抑圧もない平和で自由で平等な社会のため、少しでも力になれればこれに勝る喜びはありません。

                                                  2017年1月               古山書店店長 古山潤

書籍の紹介


書籍の注文は下記のメールアドレスまでお願いいたします。 住所・氏名・電話番号・注文したい本の名称と冊数を書いて送ってください。後日宅配便か郵便小包で送ります。
代金は指定の銀行口座に振り込んでください。振込手数料は、ご負担下さい.送料は無料となります。商品は注文後1日か2日で発送します。

お問い合わせはこちらへ j_kk60@yahoo.co.jp

住所 359-0033 埼玉県所沢市こぶし町15-11

℡   04-2994-5605 

日本共産党と自由・民主主義